Date
Breast Cancer Ribbon
牛樟芝のアントロキノノール成分・紅敏風・小粒(120粒)
牛樟芝のアントロキノノール成分・紅敏風

アスタキサンチン トップページへ







アスタキサンチンについて Wiki pedia(ウィキペディア)サイトより引用

以下 Wiki pedia(ウィキペディア)サイトより引用
アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine) は1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質である。
β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される。IUPAC名は 3,3′-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4′-ジオン。自然界に広く分布する。
甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られる。
名前はギリシャ語の “yellow flower” に由来するが、実際の色は赤色である。生体内では遊離型、モノエステル型、ジエステル型の3形態が可能であるが、多くは脂肪酸エステル型であり、血漿リポタンパク質と結合した形で存在する。
甲殻類ではタンパク質(オボルビン、クラスタシアニン)と結合し、カロテノプロテインとして存在している。
タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色を呈するが、加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色を呈する。甲殻類を茹でると赤くなるのはこの現象に由来する。

アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化反応から生体を防御する因子として働いていると考えられる。また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われている。
との記載がある。

Leave a Reply

CAPTCHA


*





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番安心で安全な!蟻の粉末「GPT・アント」擬黒多刺蟻粉末99%(日本国内・GMP認証工場で製造のサプリメント)全ロット残留農薬検査&重金属検査済
女性の健康秘訣に蟻を飲む!


アスタキサンチン トップページへ